引戸錠の欠点

弱点

引戸錠の欠点

古民家や古い建物で設置さてれいて古くから使われてきているのが引戸錠ではないでしょうか?

ご家庭や店舗では引き戸を多く用いらて使っていることが多いと思います。昔ながらの日本家屋によく似合うし味わいのある扉だと言えます。しかし、この引き戸には、いくつかのデメリット(弱点)があります。最近の引き戸では、防犯対策のことも考慮され設計されていて製造されていますので一昔前の引き戸と比較したら防犯性が向上し考えられているので空き巣の被害が昔と比べても心配することがありませんが古い引き戸だと空き巣に狙われてしまう危険性があります。引き戸の弱点は、引き戸のガラス部分です。ステーの間隔が広い引き戸だとガラスを割れば簡単に手を伸ばして内側の鍵を開錠することができてしまうのです。また、扉が重なり合っている部分に隙間ができやすいということも弱点とされています。この隙間にドライバーやバールなどの工具を差し込めば簡単に鍵を破壊されてしまうこともあるのです。そんなことですから、引き戸にガタツキがあったり築15年以上経過している建物にお住まいの方は引き戸の鍵を交換することをオススメしています。最近では、引戸錠も防犯性能の高い錠前が各メーカーから販売されていますし様々なタイプの錠前もあります。例えるなら、カバ社製の引戸錠などおすすめです。こちらの錠前は、不正解錠に耐えられる性能を持っています。さらに防犯性能を高めるなら補助錠を取付けたりガラスを防犯ガラスに変更するのが防犯対策を高めるためにもいいでしょう。性能の良い鍵を使っていても時間をかけたら破られてしまうこともありますが侵入に時間がかかる住居は空き巣に入られにくいとされていますので防犯向上された錠前を使っているというだけでも空き巣に対する抑止効果を期待することができるのです。

取扱メーカー

サポートセンター総合受付

お客様の口コミ評価

家に併設してあるプレハブの鍵が破損してしまってカギ修理隊に電話をして修理依頼をしました。急いで開けて欲しいと頼んだら当日すぐに来ていただいたので助かった。作業員さんは素早く手慣れた感じだったしテキパキと鍵修理をしてくれて30分くらいの作業で終わりました。丁寧で迅速に対応してもらった依頼して満足しています。