カギ修理隊

鍵のトラブルに24時間受付対応しています。

鍵の交換を自力でするには?

鍵をなくしtがりしたち落とした時などの理由で鍵を交換したい時、どうすればいいでしょうか。ホームセンターなどで鍵数本と鍵穴のセット、必要な部品が販売されていますので、それらを使って自力で交換するという手もあります。しかし、作業難易度が高く鍵を自力で交換することは、かなり困難です。また、鍵は寸法などによって部品点数がが細かく分別されているため、事前に調べておかないと、購入した部材が使えないなどの消費ロスにつながる場合もあります。しかし、インターネットで鍵の交換方法が紹介されていることもありますが、実際に自分で交換や取り付けを行うと、なかなか気苦労と細かい作業だとわかるでしょう。それを踏まえると、鍵交換、取り付けの際には鍵業者に施工依頼するのがベストの方法です。鍵業者は豊富な鍵の在庫や、緊急時のトラブルなどにも迅速に対応してくれるので安心です。電話やメールなどで業者に依頼しますが、どのような鍵を取り付けたいのかを事前に考えておきましょう。価格や防犯性などの希望を伝えれば、業者の方からもニーズに合ったアドバイスもしてくれるはずです。緊急時にはすぐに駆けつけてくれますが、急ぎでなければ訪問してもらう日時を決め、出張してきてもらいます。鍵の種類や状態によりますが、料金の支払いなどを含めても、作業は30分~1時間もあれば終わることが多いです。業者に依頼するにせよ、自力で作業するにせよ、鍵交換はどのような手順で行うのかを、以下で解説していきたいと思います。

防犯事情と高齢者徘徊の危険性について
住宅街で整備されていれば非常に住みやすい居住地となっておりますが空き巣や泥棒による盗難被害も報告されています。地域の防犯への意識も日々高まっているのが現状です。人が多い箇所が多い市街地は、人目に付きやすい反面、空き巣が人に紛れやすく、少し離れた場所になる場合は逆に空巣が人目に気を付けずにすむので逆に被害に狙われやすくなるケースもあります。個々のご家庭の資産を守るには、家の玄関から防犯対策を徹底し泥棒に隙を見せないことが大切です。また、高齢者の徘徊に対しても増加の傾向をみせており、夜中に出て行って離れた場所で保護されるといった事が報告されています。高齢者の徘徊に関しては、玄関の鍵交換や補助錠の取り付けを行うだけで、家の内側からロックがかかるので外に出すことなく徘徊による危険を未然に防ぐことが可能です。対策自体も非常にシンプルで取り入れやすいものの為、早期対策が有効です。外側からの侵入と、内側からの徘徊を未然に防ぐ鍵交換を是非ともご検討下さい!


サポートセンター総合受付